マインド(思考)

【七夕にやるべき事】日本食最強!健康になる為にどんな事を意識していますか?

七夕

七夕にやるべき事とは

七夕今日は七夕です。
44歳のこんなギトギトのおっさんが語るような話ではありませんが、素敵な話のようで実は儚い物語なんですよね。
七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、古くから行われている日本のお祭り行事で、一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつにも数えられています。

子どもの頃に竹の笹に願い事を書いた短冊や飾りを吊るして、星にお願い事をしませんでしたか?
僕も幼稚園の頃に行っていましたが、小学校になるとスレていたので参加しませんでしたね。
しかも、今年の七夕は「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」と重なり、縁起が良いとされています。

◆一粒万倍日とは?
一般には、文字通り一粒の籾(もみ)が一万倍になってかえってくるという意味で、仕事始め・開店・種蒔き・金貸しなどによい日であるが、借金や借り物など増えては困るものは当然ながら凶である。

今日はそんな素敵な日ですが、あなたはどんなふうに過ごしますか?

平穏な日々が1番良い

これから経済の大混乱や大災難に遭うとしたら、今のうちに何をしておきますか?

僕の予想では、近い将来に経済の大混乱も大災難もやってきます。
なので、毎日を楽しみながら生活するのはもちろんすが、そんな恐ろしい未来に向けて対策をしています。

何も対策や準備をしなかったら、絶対に「今の当たり前の生活が良かった」と思う日が来てしまいます。
しかし、多くの日本人は物事が起きてから行動を始めます。

オイルショックの際にトイレットペーパーが売り切れたり、コロちゃんの際にマスクが売り切れたりするのはそのためです。
なぜ、もっと早く準備をしておかないのか?
それは、普段からちゃんとした食事をせずに脳が停止してしまっているからかも知れませんよ。

ちゃんとした食事とは?

海塩

ここで言うちゃんとした食事とは、日本に昔からある発酵食品や調味料などのことです。
何も特別な事はありません。
ただ昔からある食事をするだけで、どんどん健康な身体になっていきます。

お味噌汁、焼き魚、納豆、卵、ぬか漬けなど…
いわゆる日本食です。

これが日本人が本来の力を発揮する食事なわけです。
オススメの食材などはこちら↓

災害対策
災害対策時のオススメ商品災害対策の際に必要な免疫力を上げる食品とオススメの商品をご紹介します。しっかり準備して対策していきましょう!...

 

別に洋風のお食事を否定しているわけではありませんが、日本人には日本食が合うという話です。
僕も洋食や中華も好きですのでよく食べますが、基本の食事はしっかり日本食にしていますよ。

最近では、日本食いっても健康を害する添加物や砂糖や油などを使っている食品も多いので要注意です。
ちゃんと日本古来の製法で作られている物を購入して下さいね。
少しお値段は高いですが、健康になる為の先行投資だと思ってつぎ込んでください。
健康になる為に免疫力を上げる事に資金を投入して、無駄な保険代や病院代を支払わないようにしていきましょう。

今を生きるのも大事ですが、未来の為に生きるのも大事です。
日本人はとにかく世界から遅れていますので、世界が西洋医学ではなく予防医学に転換しているのに、日本はまだ西洋医学に頼っていますからね。

アメリカの予防医学の転換に関する参考資料↓

アメリカ医療の転換

アメリカでは1977年の「マクガバンレポート」により、病気の原因は生活習慣そのものであるという結論に至りました。
そこから病気を自己責任と捉えるようになりました。アメリカには国民皆保険制度はありませんから、個人個人が民間の保険に入る必要があります。

民間の保険会社は営利団体ですから、不利益を被ることは行いませんので、したがって不健康な人は保険に入れてもらえないのです。
その為、病院での治療費は非常に高額です。そのため「出来れば病院には行きたくない」という国民のニーズが大きくなって行きました。
要するに、病院に行かないよう にするためには、病気を予防して健康を維持して行くしかないという結論になるのです。

治療法も手術、投薬を中心とした医療からサプリメントを用いた栄養療法やハーブ療法、東洋医 学 ( 漢方、鍼灸 )、カイロプラクティック、運動療法など身体に負担が少ない治療法から試して行 きたいと希望する人々が増えていきました。

アメリカ政府はこのような国民のニーズを尊重して 米国国立補完・代替医療センターと呼ばれる国家機関を設置して幾つかの法律を改正しております。
その一方、医療機関やアメリカ医師たちも患者離れを食い止めていくためには、ユーザーのニーズ、つまり国民のニーズを満たすしか方法はありませんでしたので、ハーブやサプリメントを使った治療法を採用したり、栄養学的なアプローチを試みたりして、従来の治療医療から予防中心への医療へと転換して行ったのです。

国民の市場が治療医療から予防医療へと転換したため、アメリカの医師達は自分たちの生き残りをかけて後者へ転換していったという何ともアメリカ人らしい合理的な考え方なのでしょうか。

この考え方が未だに日本では起こっていないことが非常に不思議でなりません。

先進国で一番最先端医療機器を持つ日本、世界に誇る人間ドック、脳ドックシステムを持ちながら病人は減ることなく増え続け、国民医療費もとうとう33兆円を超えたようです。
今、アメリカや他の先進国がどのようになっているのか。
それを知ることが出来れば必ず日本も遅れてそのようになって来 るのですから、最先端ということになりますね。

※参考:医療法人照甦会 あかね台 眼科脳神経外科クリニック
http://www.akanedai-eysn.com/sp/images/databank/other/o05.pdf

 

そんな健康になる為の勉強会を、昨晩の22時からサバイブメンバーと行ったのですが、「知っている事も多いけど、知らない事もあった」と好評でした。

そんな情報をもっともっと多くの人に知って欲しいので、僕が現在作っている『健康マル秘食材』の資料にもその辺のお話も盛り込み中ですので、完成までもうしばらくお待ちくださいね!

ということで、
短冊に書く内容が決まりました。

「家族と笑顔で健康に過ごす!」

やっぱこれでしょ!

本日の株式投資

◆5月戦績:+757,334円
◆6月戦績:+465,527円

◆7月戦績
1日:+49,295円
4日:+68,958円
5日:+346,606円
6日:+19,587円
7日:+29,935円
◆7月合計:+484,446円

ABOUT ME
マサムネ
【一生お金に困らない方法をお伝えしています】 関羽 政宗(マサムネ) 1978年11月生まれの蠍座O型。 三重県の田舎町で初恋の妻と子ども4人、犬2匹と暮らしています。 2009年に起業、2011年に法人化し経営サポート業務を担う。 2016年10月からインターネットビジネスに参入し、SNSプロデューサーとして活動しています。 また、趣味の釣りを活かした釣りユーチューバーとしても活動しています。 ※株式会社を3社経営し年商約4億円(2022年10月現在) ※SNS等の総フォロワー数 26000人 (2022年10月現在)