ネットビジネス

ご訪問いただきありがとうございます。

2016年からネットビジネスを始めた政宗(マサムネ)です。

このサイトに訪問して頂いた方はすでにご存知だと思いますが、今からの時代にはネットビジネスが必須です。

こちらでは僕が経験してきたネットビジネスを紹介させて頂きます。

アフィリエイト

アフィリエイトとはサイト(HP、ブログ、メルマガなど)運営者がご自分のサイトに広告主の広告を掲載し、成果に応じて報酬を獲得できる広告システムです。

ネット初心者の方がネットビジネスを始める時に一番初めに着手して欲しいのがアフィリエイトです。

在宅ワークで『ネットで稼ぐ』を体現しやすくネットの仕組みを知るのにも最適です。

基本のPC操作や基本の業界用語なども覚えられるので一番初めに挑戦するのがオススメです!

アフィリエイトとは紹介という意味ですが、基本は自分でブログを運営して広告費を稼ぐ方法となります。

広告費は1件あたり数円〜数百円と単価は低めですが、バカにしてはいけません。

ブログ自体は資産になりますし運営すればするほど稼げるようになりますので早く始めて運営しておいた方が良いです。

ブログに価値が付くとブログを販売したりも出来る様になります。

1ブログ100万円で取引きさせた事もありますので夢がありますよね。

ブログの売買サイトはこちら

・SiteStock( https://sitestock.jp/ )

2007年ごろから運営を開始したSiteStock。大手資本傘下ではない独立系のサービスとなっています。

・サイトキャッチャー( https://sitecatcher.net/ )

2005年にサービスを開始したサイト売買マッチングサービスのサイトキャッチャー。老舗のサイト売買サイトです。

・サイト売買屋さん( http://xn--eck7a6c879tprd955g.com/ )

2011年ごろから運営を開始した掲示板方式のサイト売買屋さん。業歴は他の2社と比べて短いけど案件数は多いようです。

ブログの信用度が増して情報商材の紹介をしていけば1件あたり数万円という案件も珍しくありませんので意外と大きな収益に繋がります。

あとは自己アフィリエイト(セルフバック)も覚えられますので一石二鳥です。

自己アフィリエイト

ブログを始めた方にオススメしたい自己アフィリエイト(セルフバック)を紹介します。

ブログを始めた頃はほとんどアフィリエイト報酬が発生しない為、やる気が落ちてしまいますよね。
そんな時に自己アフィリエイト(セルフバック)で報酬を得る方法をオススメしています。

ブログを始めたばかりの人はあまり聞きなれないかもしれませんが自己アフィリエイトは今後もやっていくと思いますので是非覚えて下さい。

僕も初めはこの自己アフィリエイトで数万円をすぐに稼ぐことが出来ましたのでブログを始めた初心者の方にオススメです。

自己アフィリエイトとはアフィリエイトで紹介できる商品を自分で購入する事で報酬が入る仕組みの事を言います。

通常のアフィリエイトは自分のサイト(HP、ブログ、メルマガなど)で商品の広告を掲載し、サイト(HP、ブログ、メルマガなど)の読者が広告をクリックして商品購入した時やサイト(HP、ブログ、メルマガなど)に訪問した際に報酬が発生します。

一方で自己アフィリエイトは自分が紹介している(しようとしている)商品を自分で購入しても報酬が発生するという仕組みになっています。

 

自己アフィリエイトについて詳しく知りたい方はこちら>

インターネット初心者の方はぜひアフィリエイトから学んで頂くことをオススメします!

情報発信

僕が2016年10月から始めたネットビジネスがこの情報発信です。

情報発信は自分発信とも言われていて自分の事をSNSなどを使って発信して人から信用してもらうというものです。

人から信用されれば商材の紹介をしてもいいし自分のコンテンツを販売してもいいです。

ただし、初めに方向性やゴール設定を決めないと長続きしない傾向にあります。

僕と一緒に情報発信を始めたメンバーは60人ほどいましたが、今では4人ほどしか残っていません。

やり方を間違えたらただの日記になりかねませんので要注意です。

主に使うSNSはFacebook、Twitter、Instagramです。

このSNS(Facebook、Twitter、Instagram)を利用してフォロワーさんを増やしていきます。

令和版人生ゲーム

令和元号が発表されて発売された令和版人生ゲームを見ても分かるように今からの時代はお金よりフォロワーさんが大事だという傾向にあります。

この人生ゲームは終了時により多くのフォロワーさんがいたほうが勝ちというゲームになっています。

ゲームの中のインフルエンサーカードにはヒカキンや有吉、トランプ大統領と思わせるような絵柄が描かれているのも特徴ですね。

お金配りおじさん

お金を配っているおじさんとして有名なのがZOZOTOWNの前澤社長(前社長)ですが、Twitterで「100万円を配ります!」ってどんどん開催しています。

この行為って一般的に見ると知名度を上げるためか自分の財力を誇示しているとしか見えませんが、実はフォロワーさんを獲得するのにもっとも効果的だと分かっていて行動しています。

前澤社長は資産2000億円以上持っていますが、「お金よりフォロワーさんに価値がある」と断言しています。

しかも、広告費をかけるよりもはるかに安くフォロワーさんを獲得出来るため、今ではユーチューバーのヒカルさんなども真似をしてお金を配っています。

これからの時代は本当にフォロワーさんが大事になってくる傾向にありますので、前途したアフィリエイトでネットビジネスの仕組みを知ったらすぐにでも情報発信をして欲しいと思います。

 

>>情報発信のやり方はこちら

ネット物販

一番短期での収益化を目指すならネット物販です。

他のアフィリエイトや情報発信などのネットビジネスを始める際に資金に困る事がありますのでネット物販から始めて資金の余裕を作るのもアリかと思います。

しかし、ネット物販の一番の課題は仕入れ資金が必要なこと。

無在庫販売であればAmazonやメルカリなどのシステム手数料などの負担だけで始められますが、今はネット物販もレッドオーシャンになってきていますので無料の検索ツールや安価な売買自動ツーつだとライバルに勝てない可能性も出てきます。

せどりをやる際も仕入れ資金が必要なので元手0円から始められるビジネスではありません。

せどりってなに?

せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。近年では転売と呼ばれている。
※Wikipedia参照 (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9B%E3%81%A9%E3%82%8A )

僕のオススメのネット物販は家の不用品販売から始めることです。

「は?そんなこと!?」と思われるかもしれませんが、本当の意味を知ればあなたも明日から「不用品の販売をしてみようかな?」となりますよ!

不用品販売

不用品販売とは読んで字の如く、家にある必要のなくなった物を販売する事です。

販売サイトアプリのオススメはメルカリです。

簡単に始められて中古品の販売サイトの中では利用者数も多いので売れやすいです。

僕は2000年からヤフオクを使用していますがメルカリも商品の使い分けで使用しています。

ちなみに年間20万円以上の販売利益があった場合には税申告の必要がありますが、日用品の中古販売に関しては税金(所得税法)が掛からない事になっています。

・古本
・古着
・使わなくなったおもちゃ
・古くなった食器、雑貨
・使わなくなった化粧品

不用品の多くは家で使わなくなった日用品がほとんどです。

所得税法では使わなくなった日用品を売った場合は非課税となります
メルカリなどの販売サイトで不用品を売ってもほとんどのケースで税金が掛からず確定申告の必要がないことが多いです。

しかし、次のケースではメルカリなどの販売サイトで売った物に対して税金がかかり確定申告が必要なので要注意です。

日用品ではない高価なモノを売った場合は税金が掛かる

宝石、貴金属、骨とう品など日用品ではない物(税金の世界では「生活に通常必要でない資産」)で、1個または1組あたり30万円を超える高価なモノを売った場合には「譲渡所得」という区分で所得が計算され税金の対象になりますので要注意です。

営利目的で継続的、反復的に物を売る場合

メルカリなどの販売サイトで物を売っている人の中には販売目的、転売目的で商品を仕入れて販売したり、自分で作ったハンドメイドの商品を販売する人もいます。

このように営利目的で継続的、反復的(長い期間何度も繰り返す)に物を売っている場合には『事業所得』または『雑所得』という区分で所得が計算され税金の対象になりますので注意が必要です。

 

会社員は起業した方がメリットがある

前途で記載したのはあくまで一般的な見解であり、僕の長い経営経験からすると浅はかで勿体ないです。

僕なら個人事業主として確定申告をして税金を支払わないのではなく還付してもらいます。

一般的な会社員Sさんの税金還付

◆本業
一般的な会社員Sさんの場合
サラリーマン(営業)年収400万円
・給与所得控除 134万円
・社会保険料  約64万円(約16%)
・基礎控除   38万円
・配偶者控除  38万円
・生命保険控除 4万円(生命保険料12万円/年で計算)

課税所得は122万円となります。

・所得税
課税所得×税率5%×102.1%(復興特別税)=62,200円
・住民税
課税所得×税率10%=120,000円

年間182,200円の納税となります。

 

◆副業メルカリ販売)
所得 約10万円
経費 140万円

年間130万円の赤字

なんと、還付申告で182,200円が戻ってきます。

 

経営を知らないのは本当に罪ですよ。
しっかり経営を学んでしっかり税金還付を受けましょう。

>>『会社員は起業した方がメリットがある』はこちら

 

ネット仕入れ販売

僕が初めにオススメするネット仕入れの場所はAliExpress (アリエクスプレス)です。

中国の小売ECサイトです。
日本でいうところの楽天市場みたいな感じですね。

通称アリエクと言われていますが、非常に使い勝手が良いので他の中国系ECサイトの中でも重宝しています。

2020年の大規模感染の交通麻痺によって一時的に入荷(輸送)が遅れていましたが、いあまは徐々に回復してきています。

使い勝手は良いのですが、あくまで中国系のECサイトなので日本の楽天市場のように良品が揃っている訳でもありませんし、ショップも安全な所ばかりではなく悪徳なショップもありますので注意点等を含めて書いていきたいと思います。

こんな商品は買うな

なんでも揃う巨大なECサイトですが、僕もやられた事例を含めてこんな商品は買うなよって話を書いていきたいと思います。

一番買ってはいけないのがブランド品です。

先日も日本のニュースにもなりましたが、ダイワ(釣り具メーカー)のTシャツなどを大量に仕入れてメルカリで販売していた人が逮捕されました。

全国ニュースでばっちり名前も出てしまっているので可哀想ですが、偽物を販売するのは禁止されているので要注意です。(情けで名前だけはボカしておきます)

ブランド品には当たり前のように著作権がありますが、アリエクでは本物かどうかは区別がつきません。

個人レビューを見れば検討の付く物もありますが基本は分からないと思ってください。

僕も先日、このニュースが出る前にダイワのTシャツやナイキのスニーカーを正規品より少し安く買ったのですが、税関で止められてしまい家に届きませんでした。(ショック)

税関で止められるとほぼ処分されますので、商品は無くなるしお金は返ってこないし最悪です。

今までの経験上ですが、お金を返金してくれる業者は20%くらいです。
(僕は「意外と返してくれるやん!」と思いました)

ブランド品以外で商品が届かなかった事は一度もありませんが、業者のレビューだけは見た方が良いですね!

『ネット仕入れ販売』についてもっと詳しく知りたい方はこちら>

AliExpress(アリエクスプレス)での購入方法

画像を見ても分かるように

①業者の評価レビューをチェック

②商品のレビューをチェック

③配送元をチェック(CHINAでOK)

④商品の種類をチェック(色、サイズ、セット品などあります)

⑤数量を選択

⑥今すぐ購入も出来ますが僕はいつもカートに入れて再度チェックします

これで決済画面に進めばクレジットカードの入力をして購入が完了!

最初は住所などを記載しないといけないので少し時間は掛かりますが、一度設定してしまえば次回からは自動入力されますので楽ですよ。

もっと詳しく知りたい方は下記からご覧下さいね。

 

AliExpress (アリエクスプレス)について詳しく知りたい方はこちら>

 

AliExpress(アリエクスプレス)商品の販売先

不用品販売の所でも書きましたが、僕はメルカリがお勧めです。

メルカリがオススメの理由はいくつかありますが、一番は利用者が多いので反応が早い事です。

 

ただいま作成中