自己紹介

関羽 政宗(マサムネ) 

僕は1978年に三重県の田舎町でサラリーマンの子供として産まれました。


決して裕福では無い家庭だったけど、
4つ上の兄貴と両親の4人で暮らしてきました。

親父は厳しい人で学生時代は器械体操で体を鍛えて、高校卒業後は自衛隊に入隊していた。

親父は幼い頃に両親を亡くしたせいか、僕達兄弟への教育への思い入れが強く、幼い頃から厳しく教育されました。

僕は幼少期から二重人格で良い子を演じて生きてきました。


親の期待する子供でいるのが僕の務めだった。

幼稚園の頃は身体が小さくイジメられていたので、同級生から逃げるように目の前の川や裏山で一人遊びを楽しみました。

釣りを覚えてからは毎日釣りの事を考える日々。

色んな事を考えながら、攻略していく釣りは凄く楽しくて僕の心を救ってくれた。

小学校になってもイジメの環境は変わらず、
家でも親の言いなりで「はい」しか言えない状況で、勉強は楽しく無いし運動も好きじゃ無かった…


そんな僕は学校では落ちこぼれ。


しかし、
同級生からの一言がキッカケで『筋トレ』を開始しました。

すると、みるみる筋肉がついて同級生から一目置かれるほどになりました。


その頃から
僕はイジメの対象からは外れていきました。

 


中学生になる頃にはイジメの反発か
万引きやタバコを吸うヤンキーになっていました。



勉強も運動も出来ないのに
自己主張だけは一丁前の中途半端な奴になっていました。


しかし、
中学の最後にラグビーと出会い
心を入れ替えて運動に没頭しました。

高校でもラグビーを続けて三重県代表選手になるまでになりました。


ラグビーによって自信をつけた僕は
社会人になっても職人として現場での肉体労働に勤しみました。

結婚もして子供にも恵まれ給料もそこそこ稼げるようになりましたが、
30歳になる頃に救ってくれたラグビーの後遺症と交通事故により首が回らなくなり現場での仕事が出来ないようになっていきました。

現場でしか仕事をした事のない僕は身体を使った仕事しか知らない。

焦った僕はインターネットを使って株や不動産投資の勉強を始めました。

そこで、『アフィリエイト』というものを知り、購入しましたが『詐欺案件』でした。


そんな僕にタイミングよく
電話が掛かってきた証券会社の先物投資に残りのお金を全額入れてしまいました。

 

 

『東京ガソリン』への先物投資

 

インターネットで調べてみると「素人は先物投資に手を出してはいけない。」

そう書いてあったのに、
言葉巧みな営業マンの口車に乗ってしまい、僕は『追証』に追い込まれ合計約1億円の損失を出してしまいました。


会社のお金と家庭のお金の全てを投入し
先物投資から身を引きました。

知識の無い自分が悔しかった。

僕はそれからも勉強を繰り返し『ある一冊の黒い本』に出会いました。


その一冊の『黒い本』が僕の人生を変えました。


その『黒い本』には『物販大富豪の戦略術』が綴られていたのです。

 

 

『物販大富豪の戦略術』

 

僕は今までの知識と経験をフル稼働した。

僕は頼りたくなかった親に泣きながら頭を下げお金を借りた。

そこから会社に物販を導入して会社を軌道に乗せていった。


その後は会社の売り上げを拡大し
全国に事業を展開中!

 

★DRAW MY LIFE★を使って自己紹介動画を作りました。

 

現在はそんな僕のように失敗した人や経験のない人の為に、
自分の『知識と経験』をお伝えして、一緒に明るい未来の為に活動しています。

 

物販大富豪の戦略術と同じ法人戦略で共に学ぶ仲間を募集中

『政宗式法人戦略』はこちらからどうぞ

 

【政宗の過去記事一覧】

 

《高校卒業後》

1【人生で初めての就職】

1【人生で初めての就職】

2【人生の転機】

2【人生の転機 結婚】

3【子供を授かるということ】

3【子供を授かるという事】

4【人生2度目の転機 独立】

4【人生2度目の転機 独立】

5【順風満帆な独立からの転落】

5【順風満帆な独立からの転落】

6【人生に無駄な事なんてない】

6【人生に無駄な事なんてない】

7【物販の必要性と可能性】

7【物販の必要性と可能性】

8【法人会社の可能性】

8【法人会社の可能性】

9【番外編 物販の必要性と可能性】

日本が危ない!?物販の必要性と可能性