【登録特典】大富豪の帝王学を学んだ経営者が教える 『世の中の仕組みを知り生き残り続ける為の思考と方法』リアルセミナー

2022年1月に開催されたリアルセミナーの動画です。

大富豪の帝王学を学んだ経営者が教える『世の中の仕組みを知り生き残り続ける為の思考と方法』リアルセミナー

36分26秒の動画となっておりますので、お時間のある時に観ておいて下さい。

戦後から全てを変えられた日本人

あなたは彼をご存知だろうか?
終戦後のアメリカ大統領『トルーマン』という男。
彼が終戦後の日本人に言った有名な言葉があります。それがこの言葉↓

 

猿(日本人)を「虚実の自由」という名の檻(オリ)で我々が飼うのだ。
方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。
そして、スポーツ、スクリーン、セックス(3S)を解放させる。
これで真実から目を背けさせることができる。
猿は我々の家畜だからだ。
家畜が主人である我々のために貢献するのは当然のことである。
そのために我々の財産でもある家畜の肉体は長寿にさせなければならない。
(化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。
これによって我々は収穫を得続けれるだろう。
これは勝戦国の権限である。

 

日本は敗戦国であり支配者層によって支配される側、、、まさに奴隷。
終戦時のアメリカ大統領トルーマンの言葉を実行する為に組織されたのがGHQ

GHQを牽引していた最高司令官はあの有名な『マッカーサー

1945年8月30日にGHQ最高司令官マッカーサーが愛機「バターン号」で来日。

そして、彼はあたりをじろりと一瞥(いちべつ)し、思った。

「日本か、こいつらにはかつて、フィリピンで煮え湯を飲まされたな」

マッカーサーは、太平洋戦争時、連合国の南西太平洋地域総司令官としてフィリピンのルソン島の戦いで日本軍に敗れ、7万人以上の兵士を残してオーストラリアに“逃亡”した。

バターン半島に取り残された兵士たちは、収容所に移動する際にマラリアや疲労で次々と死に、到着時には五万人余りにまで減っていた(「バターン死の行軍」)。

 

マッカーサーは、日本人に殺意復讐という特別な感情を抱いていました。
マッカーサーはGHQの名の下に行動し、日本を支配し法律まで変えてしまいました。
そして、彼らは以下のWGIPを元に現在も日本人に対して支配し続けているのです。

『勝利したものが良いように書き換える』ことが当たり前の世界。

日本のすべての武装を解除させて軍国主義を排除し、工業などの技術を破壊。これまで日本の中心だったあらゆる組織を抜本的に組み替え民主主義にさせる事でメディアを用いて自由を与えたふりをして奴隷のように動かせるようにした。

そして、3S政策により日本人を弱体化させていった。

  • 日本人を弱体化させる主な方法とは!?
  • 西洋の食事は美味しい、西洋の文化は素敵という刷り込みをした
  • 世界では禁止されている添加物や農薬を使った美味しい食事
  • 西洋医学を信じさせて薬で身体に毒を蓄積
  • 戦後に正義を振りかざす教育者を投入し教育を根本から変えた
  • 戦前の都合の悪い教えや思考をすべて書き換えた
  • 「お金」のことを教えずに搾取される人間を量産させた
  • 英語を教えず翻訳の出来ない脳にして世界の歴史を分からないようにした

 

あなたが今までのように何も考えずに生きていけば、残念ながらトルーマンやマッカーサーが計画した通りにとして扱われて奴隷として飼われ続けることになるのです。

これらは大げさでもなんでもなく、
戦後の日本人は知らない間に奴隷にされてしまっていたんです

将来のことを何も考えずに目の前の事だけに必死になり生かされて思考は停止し、テレビやインターネットで言われている事がすべて正しいと勘違いして同調圧力に負けてしまい、行ってはいけない方向へと進んでしまう。

 

このままではあなただけでなく「最愛の奥様」「子ども達」「大切な人」を奴隷への道へと進ませる事になるのです。

名古屋で開催されたリアルセミナー

「どんな勉強会だったら参加したいですか?」というアンケートを2021年の12月頃に実施させて頂いたのですが、「経済・世の中の仕組み・経営・節約など色々な視点から学べる勉強会に参加したい」との要望が多くありましたので、2022年1月22日に名古屋にてリアル勉強会を実施させて頂きました。

そして、嬉しい事に多くの方からメッセージまで頂きました!

 

昨年の12月中旬に1月中旬以降は感染者が爆増して開催出来なくなるのを予想していたので
『2022年1月22日』の開催とさせて頂きました。

思っていたより感染者の拡大が早くて焦りましたが、予定通りに開催できて良かったです。
ここ最近はずっとコミュニティーの方向けの勉強会ばかりを開催していたので、コミュニティーの方向け以外の勉強会は気付いたら約3年ぶりとなっておりました。

今回の勉強会は経営に興味がない人でも楽しんで聞いて頂けるような内容にさせて頂きましたので、2022年以降の生き方や働き方について少しでも前向きに行動していきたい方は、リアルセミナーの動画をご覧になって下さい。

「ネットが主流の時代にリアルでの勉強会?」と不安になった方もいると思いますが、リアルでしか話せない事、伝えられない事がありますので、あえてリアル勉強会を開催させて頂きました。

ネットが普及して欲しい情報がいつでもどこでも得られるのは良いけれど、情報に流されたり惑わされたりしている人が多すぎます。
フェイスニュースや陰謀論などと騒いでいる人が多いのがその証拠です。

ノウハウなどはネットで得ても良いかもしれませんが、本物の情報というのは誰が観ているか分からないYouTubeやTikTokなどの無料サイトで公開するような事はしません。

そういう理由がありましたので、こんな大変な状況の中でしたが開催させて頂きました。

消費税の本当の理由

消費税の増税の本当の理由はご存知ですか?
消費税の理由と流れを知らないと日本の歴史を語る事は出来ません。
そして、日本の未来を予想する事は出来ません。

1998年の赤字国債は当初予算で7兆1000億円でしたが、補正後では16兆9500億円となり国債依存度は当初の20%から40.3%へと倍増しました。

1998年以降、今日まで不足する財政資金は無制限に赤字国債で調達され、その結果、政府債務残高は短期間に急速に膨張しました。

・2009年:消費税は4年間上げない(鳩山由紀夫:第93代総理大臣)
・2010年:消費税10%法案(菅直人:第94代総理大臣)
これには国民が大反発!ボコボコにされ『ねじれ国会』と言われました。
・2011年:消費税8%法案(野田佳彦:第95代総理大臣)
いったん2%下げの法則(1987年の竹下登さんの時と同じ)
・2014年に8%、2015年に10%で合意
・2019年:消費税増税10%(安倍晋三:第96代総理大臣)
「10%になるけど『軽減税率』を導入します!」

 

しかし、忘れてはいけない。
日本という国は1000兆円の借金がある。

国には1000兆円の借金があるから消費税は仕方がない!…はず!?

では、1000兆円の借金がある日本の資産はいくらなのか?

実は日本は世界一の対外純資産の保有国です。
ではなぜ、国は借金ばかりアピールするのか?
なぜ、小渕恵三は『世界一の借金王になりました!』発表したのか?

実は、、、国にとって1000兆円の借金は都合の良い事だから借金だけをアピールしているのです。

こんな話は知りませんか?

「借金1000兆円を国民1人当たりに換算すると1人900万円の借金になる」

聞いた事はないでしょうか?
これは本当でしょうか?

 

借金の45%は日本銀行からの借り入れです。

正式には日本銀行からの借金は借金として計上されないはずなのに計上されている現実があります。

借金というのは真っ赤ななんです!
しかも、残りの45%は国内の金融機関からの借り入れです。

自分達の知らない間に嘘で騙され続けているのです。
果たしてその理由は何なのだろうか・・・!?

中央銀行デジタル通貨(CBDC)で世界は一気に変わる!?

ビットコインの暴騰で一般的にも有名になった仮想通貨ですが、海外送金手数料が掛からないとして一気に脚光を浴びました。

ブロックチェーン技術を使えば信用性もある。銀行としての役割も担う仮想通貨ですが、一般的な使い方としては普及しませんでした。
その理由として”投機目的でたくさん買われた” ことが背景として挙げられます。
それにより価格が高くなったり安くなったりして安定しない通貨として認識されてしまいました。

『通貨として安定性が薄い=通貨として使えない』
(ボラティリティーが大きい)

※その後、仮想通貨→暗号資産に名前が変更

しかし、逆に安定さえすれば通貨として使えるようになるのも事実。

こで開発されたのがステーブルコイン

”1ドル=1ステーブルコインを目指す通貨 ”

仮想通貨はものに対しての価値はなかったが、ドルと交換出来るようにした事により安定させるようにしました。

価格が上がったら流通量を増やして価格を安定させられる今までの金融政策と同じ事ができる。
しかし、一般的に流通させるのが大変なのです。

そこで立ち上がったFacebookの創始者マーク・ザッカーバーグが『Libra』を計画しました。
Facebookユーザー25億人に広める事が出来れば一気に市場にLibra(ステーブルコイン)が流通する。

『通貨を制するものは世界を制する!』と彼は息巻いた。

VISA・Masterなどと一緒にLibra協会を作り、いざ始めようとしたらが、、各国の中央銀行に怒られてしまい即座に中止。

表向きは『Facebookの顧客の情報漏洩や情報独占などが原因』として挙げられたが、1企業が通貨を動かすのはNGということ。
国家の利益と権力に関わってしまうのがダメだという事ですね。

しかし、今回の事がキッカケでブロックチェーン技術を使えば世界の通貨を統一出来る事は分かりました。
しかし、残念ながら米や日本は利権等の問題でステーブルコインを進める事が出来ない。

しかし!たった1つの国だけは違いました。それが、中国!

世界に先駆けてデジタル人民元(CBDC)を作り始めました。
(※CBDC:中央銀行が発行するデジタル通貨)

2022年2月の冬季北京五輪までに発行しお披露目すると公言。
この行動により米国 vs 中国 の戦いが始まりました。

「え?中国のデジタル人民元!?なんか怖くない?」と思うかもしれませんが、デジタル通貨の普及により即日送金で手数料が格安だったとしたら絶対に使うと思いませんか?

銀行のように保管の必要のない貧困層・中間層の人達は絶対に利用しますよね?

富裕層や企業もグローバルに仕事をしているので送金手数料が安いデジタル通貨を絶対に使いますよね?
そして、最大の利用として富裕層の資産逃避があります。

大富豪達は多額の海外送金をしたら今はすぐに止められてしまうので、デジタル通貨が普及したら税金の掛かる恐れのある自国通貨をすぐにデジタル通貨にし他国の口座に送金します。

という事は、、、貧困層・中間層・富裕層・企業の人達がデジタル通貨を心から待ち望んでいるという事になります。

だからこそ!世界はデジタル通貨を作りたい!!と思っています。

しかし、まだアメリカもイギリスも日本もデジタル通貨は問題が多すぎて作れないんです。

今、デジタル通貨を作れるのは世界で中国だけ。

中国が世界の金融を握ろうとしています。

 

今後、私たちの生活はどのように変わっていくのか!?

都市伝説、陰謀論の代名詞『フリーメイソン』と『イルミナティ』は実在するのか!?

フリーメイソンとは:中世の石工職人(同業者集団)

中世ではこのような集団が沢山あり、秘密の合言葉を使っていた仕事の出来る『信用・情報・科学・技術』の高い職人集団です。

【フリーメイソン:フリー(雇われではない)なメイソン(石工)】

18世紀になると、仕事の出来る『信用・情報・科学・技術の高い職人集団』に職人以外の人達も入るようになりました。

18世紀のヨーロッパ諸国はこのような集団が多くあり、輪がどんどん広がっていったが、時代の流れと共に集団がなくなり消えていった。
その中で残ったのがこの『フリーメイソン』だけだと言われています。

親睦団体として残ったグループでしたが、グランドロッジ(ロッジ本部)が出来てから変わってきてしまった。(※ロッジ:建設現場の近くに建てる待合小屋の役割)

1723年にフリーメイソン憲章を制定(アンダーソンが作った今の憲法の役割)
アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンも実はフリーメイソンでした。

当時の1ドル札の裏にフリーメイソンのマークがあるのが事実を物語っています。

と、表の情報で言われていますが・・・本当の所はどうなのでしょうか?

 

ここで少し昔に遡り。

1826年に日本からの信用を得たシーボルトは日本の文化財を見たいと言い日本国内を歩き日本地図を完成させたと言われています。

しかし、その後の1828年にシーボルト事件が勃発!
(日本地図を国外に持ち出そうとして国外追放)

オランダに戻ったシーボルトは記憶にある日本地図を完成させてペリーに伝え渡し、ペリーは日本に黒船に乗って来航した。(その間、25年)

明治維新が始まるまでの15年で日本への侵略を成功させたと言われています。

265年間も平和だった江戸時代がたった15年で侵略された・・・

これは真実なのだろうか!?

ロスチャイルドの創始者である『マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド』 ”人類は我々の家畜でありすなわち、獣(ゴイム)だ” と言った。

とされているが、これも果たして全て嘘なのだろうか!?

『マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド』がフランクフルトに12人の実力者を集めて言ったこの言葉も全て嘘偽りなのだろうか!?

 

あなたは国の支援や誰かの助けを待っているだけですか?

あなたはこの先も今までと同じように何もせずに待っているだけなのですか!?

時間は有限です。
あなたが行動しないという事は、大切な家族や奥様や子ども達まで巻き込むという事です。

世の中はどんどん知らない間に変わっています。もの凄い勢いで変化しているんです。
表立っては変わっていないように見えるかもしれませんが、変化に追い付けないくらいに知らない間に変わっているんです。

仮想通貨、デジタル通貨、国の法律や制度、あなたが目の前の仕事に追われて一生懸命に生きている間に世の中は取り返しのつかないほど変化しています。

思考を止めないで下さい。3S政策の思惑に乗らないで下さい。

大切な家族や奥様や子ども達まで巻き込まないで下さい。
今こそ変わる時なのです。

あなたが今までのように何も考えずに生きていけば、残念ながらトルーマンやマッカーサーが計画した通りにとして扱われて奴隷として飼われ続けることになるのです。

これらは大げさでもなんでもなく、
戦後の日本人は知らない間に奴隷にされてしまっていたんです

将来のことを何も考えずに目の前の事だけに必死になり生かされて思考は停止し、テレビやインターネットで言われている事がすべて正しいと勘違いして同調圧力に負けてしまい、行ってはいけない方向へと進んでしまう。。

このままではあなただけでなく「最愛の奥様」「子ども達」「大切な人」を奴隷への道へと進ませる事になるのです。