株式会社を設立するメリットとは? 〜その4〜

『法人戦略を設立するメリット』
「その1〜その3」まで読んでみてどうでしたか?

すでに株式会社を経営されている方は分かると思いますが、
僕は当たり前の事しか言っていません。

しかし、株式会社の本当に良い所はここからです。

◎銀行の裏側の話

よく聞く言葉でもありますが、
巷で言われている事があります。

「銀行は雨が降ったら傘をさしてくれない」

はい。そうなんです。
これが事実です。

景気の悪い会社や
数字の悪い会社には
銀行は協力的ではありません。

普通はお金があったら
融資なんて必要ありません。

経営が厳しくて
融資を出して欲しいのに
銀行は融資を出してくれません。

なぜなら、
銀行も商売だからです。

もし、あなたが銀行を
運営していたらどうですか?

安心してお金を貸したいので、
継続して経営している会社で
今まで1度も経営不振になった事がなくて、
黒字の会社に融資を出したいはずです。

そこで、僕は気付いてしまいました。

経営を安定させて継続させる。
黒字の会社を継続する。

こんな事は当たり前。

そこにプラスして、
銀行のして欲しい事が分かる会社が
有利なのではないか!?

お金があったら融資をもっと引けるのでは?

そして、お金を増やし続けたら
どんどん融資が引ける!

理論上はそうなのですが、
実際はそんなポンポンいきません。。

しっかりと戦略を立てて
長期戦略としてやっていかないと
うまくいかないのです。

ですので、
株式会社で融資を引き続けている僕がサポートさせて頂きます。

「融資なんて要らない。」

そんな方には必要のない話ですが、、、

ここまで読んで下さった方は
融資の有効性を少なからず、
ご理解頂いていると思います。

今夏に政宗式法人戦略の第2弾が始まります。

もう、時間がありません。

金融政策が終わるまでに
法人戦略を始める事をお勧めします。

『あとの祭り』

祭りの後にヤイヤイ騒いでも
全然楽しくありません。

皆さんはそうならないように
今からコツコツと準備していきましょう。

仮想通貨で乗り遅れた方も
まだ諦めないで下さい。

一過性で稼ぐのはリスクがあります。
ギャンブルと同じですからね。

僕はギャンブルが嫌いです。
何故ならギャンブルは可能性が低すぎる。

自分が天才や物凄く運が良い人だと
思うなら、是非ギャンブルをして下さい。

しかし、僕と同じように
自分は一般人だと思っているなら
コツコツと確実な方法でいきましょう。

特別な才能が無くても大丈夫。
日本国は万人に平等です。

気付いた人だけが恩恵を受ける事が出来る。
株式会社のメリットを存分に使いましょう。

では、『政宗式法人戦略』
お待ちしております。

参加ご希望の方は下記からお申し込み下さい。

『政宗式法人戦略 〜第二弾〜』