【政宗のトリセツ(3)】 幼稚園で出会った初恋の人。

【政宗のトリセツ(3)】
幼稚園で出会った初恋の人。

 

幼稚園で可愛い女の子に出会った。

その子のお陰で
嫌だった幼稚園にも行けた。

虐められる日々だったけど、
僕には唯一の楽しみがあった。


その子をひと目見て、

ドカーンと雷が落ちたかのような感覚。


これが一目惚れ。


今でもその時の光景は

鮮明に覚えている。

あぁ、いま思い出しても可愛い。


それからは、

あんなに嫌だった
幼稚園バスにも喜んで乗る(笑)

子供って単純だよね。


でも、救われたのは事実。


そして、そのまま小学生になると

他の保育園からも
子供達が入ってくるんだけど、
自分のランクって言うか、
ポジションってのは
なかなか変わらない。


また虐められる生活。。。


イジメって順番なのかな。

なんか、何かを批判したりして
順番に虐められてた気がする。


そんなのも見てると

友達と打ち解ける事が出来なかった。


でも、なんとなく

顔はいつも笑顔にしていた。

 


釣りおじさんとの出会い

 

学校から家に帰ったら
近くの山や川に出掛ければ気が紛れる。

だいたい1人で遊んでいた。


そんな中、

僕は1人のおじさんと出会った。


おじさんは僕の家の前で

渓流竿で釣りをしていた。


僕はおじさんの横に座り、

ジーッと釣りを見ていた。


「へぇ。そんな風に魚って釣るのか。」

僕は単純に興味が湧いた。


おじさんが来ている時は

よく横に座らせてもらった。


何日か経った頃、

おじさんがいつも使っていた竿をくれた!


僕は嬉しくて、

すぐにお父さんに報告した。

 

でも、次の日から
釣りのおじさんに会う事は無かった。。


それから、

釣りのおじさんが
毎日釣りをしていた場所で
僕が釣りをする事になった。

 

つづく・・・